ニキビ跡の対策と水分補給

ニキビ跡の対策と水分補給

ニキビができてしまい、その後ニキビ跡を残さないようにするための最善の方法は早期発見です。

 

白二キビと呼ばれる初期型のニキビはまだ炎症を起こしておらず、この時点で内部に溜まっている皮脂を外に出してあげることで治療は完了します。

 

しかし発見が遅れるとニキビは炎症を起こし、治りにくくなります。

 

また症状が悪化すると二キビ跡ができてしまい、せっかくニキビを治療できても、今度は二キビ跡の治療に追われてしまうのです。

 

しかしニキビ跡ができてしまっても適切な処置を行うことで、きれいな肌を再びキープすることができます。

 

そこでポイントとなるのが水分補給です。

 

ニキビ跡の対策を行う場合、定期的な水分補給を行うことで、その効果をアップさせることができます。

 

水分には老廃物の排出を助ける働きがあります。

 

また肌細胞の働きが活発でなければ二キビ跡の治療はスムーズに行われませんが、肌細胞に十分な水分が含まれていれば、その働きは活発になります。

 

しかしカフェインの含まれている飲み物は水分を体外に排出する作用を有しています。

 

そのためなるべくならニキビ跡の対策として水分補給を行う場合は水、もしくは体内に水分がとどまることができるもので行うようにします。

茶色ニキビ跡はとても厄介です

 

ニキビ跡の中でも厄介なのが、茶色のニキビ跡です。

 

他に赤色のニキビ跡があります。

 

これはそこまで厄介なものではありません。

 

赤色になるのは体が闘っている証拠です。

 

つまり、治癒を続けている状態ということであり、完治すれば消えてくれるのです。

 

対して、茶色ニキビ跡は消えてくれないことがあります。

 

茶色ニキビ跡はメラニン色素の沈着によって発生します。

 

つまり、肌のシミと同じようなものということです。

 

シミを取り除くのが難しいということを知っている方であれば、いかに茶色ニキビ跡が厄介であるのかということがよく分かるかと思います。

 

ですが、シミと同じということは、同じ方法で取り除けるということでもあります。

 

シミを取り除くためのクリームを使って、取り除きましょう。

 

ハイドロキノンという成分が入っているクリームが有効です。

 

ただし、ハイドロキノンは副作用を及ぼす可能性があります。

 

使い方をしっかり守り、焦らずじっくりと治していくようにしましょう。

 

もちろん一番大切なのは茶色ニキビ跡自体を作らないことです。

 

改善策はもちろん、作らないための予防策もしっかり調べておくようにしましょう。

 

改善策に比べれば予防策の方が簡単なので、調べておいてよかったと思わされるでしょう。