体質によってニキビ跡対策の方法を変える

体質によってニキビ跡対策の方法を変える

体質は人によってそれぞれ違うため、異変が起きたときにどう対応していけば良いのかは経験から学んでいくしかないです。

 

それはさまざまな体調不良についてもそうですし、肌の悩みに対しても同じです。

 

肌の悩みといえばメジャーなのはニキビで、ニキビ跡が残ってしまうことを気にする人も少なくないです。

 

そんなニキビ跡をどうしていけば元通りにできるのかはできてしまった人の誰もが考えることで、そのためには自分の体質を考慮した上で対応していきます。

 

肌が敏感で傷つきやすいというのなら、治療薬を使ったりするよりは生活習慣を正したほうが良いかもしれません。

 

それならば外的な刺激を与えることになりませんから負荷がかかりませんので、とても健康的に治していくことができます。

 

また、ニキビ跡が長引きやすいという体質なら即効性のある治療薬を使って対応したほうが良いかもしれませんので、そこは体質によって対応をいろいろと変えていったほうが柔軟なのは間違いありません。

 

ニキビ跡があるのとないのとでは自分の気持ちもだいぶ違いますし、なるべく早く行動を起こして対応しなければならないです。

 

そうすることによって元通りなるのが早くなりますので、その努力を怠らないようにしたいです。

男性のニキビ跡

 

今回は男性のニキビ跡の対策について述べさせていただきます。

 

ニキビ跡といっても色々な段階があります。

 

赤みがあるニキビ跡、茶色の色素沈着ニキビ跡、陥没ニキビ跡などが代表的なものでしょう。

 

私がよく体験したのはニキビは治ったけれども、赤みのある跡ができてしまったというケースです。

 

自分の場合、赤みのあるニキビ跡ができる場合はたいてい不規則な生活を送っていました。

 

夜中の2時・3時までは起きているのは当たり前というような生活でした。

 

基本的に古い角質が新しい角質になるときに、成長ホルモンの働きが重要になりますが、その成長ホルモンが活発になるのは夜の10時?2時あたりとされています。

 

この時の自分の生活に照らし合わせてみると、いかに悪いかがわかります。

 

ゆえに、軽度のニキビであれば、しっかりとした睡眠時間の確保が重要だと思います。

 

残り2つのニキビ跡に関しては、素人が下手な考えで治療しようと試みても、むしろ悪化する可能性が高いと思われます。

 

重度のニキビ跡に関しては、適材適所でお近くの皮膚科に相談してみるのが一番効果的だと思います。

 

市販されている治療薬よりも、処方される治療薬の方が効果があるのは当然のことだと思います。