やばい…そんなニキビ跡も大丈夫。自宅でできる対策

ニキビを防げばニキビ跡も防げる

ニキビ跡が出来てしまうと、本当にやり切れない気持ちになります。

 

何故なら、コンシーラーやファンデーションで厚く塗って隠さないと、恥ずかしくてどうしようもないのです。

 

けれど、そもそもニキビ跡に悩む以前に、ニキビが出来ると言う事態を前もって回避するのに徹底するべきなのではないかと、ある日ふと思ったのでした。

 

なので、ニキビが出来そうな事は前もって気をつけるように心掛けたのです。

 

まず、顔は常に清潔を保つ事にしました。

 

前なら、仕事とか飲み会で疲れて帰ってくると、化粧を落とさずそのまま寝てしまう事もあったからです。

 

なので、毎日化粧はどんなに眠くてもクレンジングできちんと落としてから寝るようにしました。

 

また、肌に触れる物も常に洗う事にしました。

 

枕のカバーなどです。

 

いつもは週に一回程度洗っていましたが、毎日枕カバーは交換することに徹底しました。

 

そして、これは何よりも辛いのですが、脂っこい食べ物などを控えるようにしました。

 

本当は唐揚げなどの揚げ物やラーメンに餃子、チョコレートなどが大好きなのです。

 

だけれど、こうした脂っこい食べ物がニキビの出来る原因と分かった以上、控えるのがベストだと思いました。

 

その努力の成果なのか、前よりはニキビが減ったのでニキビ跡に悩む事も少なくなりました。

ニキビやニキビ跡ケアにアロエが効果的

 

肌バランスを崩してしまうと、ニキビやニキビ跡もできやすくなるのですが、それを改善する為に非常に良い成分だと言われているのがアロエです。

 

アロエと言えば日本でもポピュラーに栽培される植物ですし、アロエ入りのヨーグルトなども販売されていて、これを食べた事のある人もいるでしょう。

 

ですが、実はこの市販品のアロエの美肌効果は殆ど期待できないのです。

 

アロエの種類でも、食べてニキビやニキビ跡にも効果的なのがアロエベラです。

 

このアロエベラを生で食べても胃腸に良いのでニキビにはとても効果があるのですが、収穫してから少し経過しただけでも組織が変質してしまい、効能が無くなってしまいます。

 

その為に、生のアロエを育ててそのエキスを使い精製水に含めたり、きちんとした医薬品レベルのアロエを摂取した方が良いのです。

 

アロエには殺菌効果もありますし、ニキビ跡のケアやニキビ予防には最適です。

 

アトピーなどにも、アロエは効果的だと言われているので、皮膚にとても良い事がわかります。

 

アロエを摂取する際には配慮する点がたくさんありますが、ニキビ改善の為には非常に効果的なので、趣味の一環としてアロエを育てながら肌ケアをしても良いですし、サプリメントで気軽に摂取しても効果は見込めるのでお勧めです。

ニキビ跡はこうして治す

 

ニキビ跡は三つに分けることができます。

 

シミになるもの、肌が赤くなるもの、凸凹になるものの3つです。

 

まずシミになったものは、色素沈着を還元するためハイドロキノンを使うと効果的です。

 

ハイドロキノンにはメラニンの抑制効果がありますが、刺激が強く、ピリピリしたり赤くなる場合もあるので注意が必要です。

 

肌の弱い人などは皮膚科で処方してもらったほうが安心かもしれません。

 

次に赤くなるタイプは、シミと同じくハイドロキノンやビタミンC誘導体を配合した化粧品などが有効です。

 

ビタミンC誘導体は抗酸化作用があり新陳代謝を高め、メラニンを還元して色素沈着を防ぎます。

 

また皮脂分泌をコントロールしたり炎症を抑える働きもあるので、ニキビ跡の改善だけでなく予防にも効果があります。

 

一番やっかいなのが跡が凸凹にあるケースです。

 

ピーリングやレーザー治療などの方法があります。

 

程度にもよりますが、セルフケアでなんとかしようとするより美容皮膚科に行った方が早いかもしれません。

 

いずれのタイプも、肌のターンオーバーを回復させることが大事です。

 

しっかり睡眠をとる、たんぱく質やビタミンを含むバランスの良い食事をする、適度に運動して代謝を上げるほか、紫外線対策も必要です。